• 賃貸経営に対しての知識を柔軟に広げて頂く為のサイト
  • コチラのサイトで紹介している賃貸経営に関する新しい情報を知って頂ければ、あなたの賃貸経営の可能性が大きく広がるのではないかと考えております。
  • 賃貸経営を考える際に、賃貸併用住宅は入居者と近い面をどういう風に考えるか?

    トップページ
    お気に入りに追加
      

    賃貸経営を考える際に、賃貸併用住宅は入居者と近い面をどういう風に考えるか?

    賃貸経営を考える際に、賃貸併用住宅を検討している人もいるのではないでしょうか。賃貸併用住宅は同じ建物に大家さんと入居者が住んでいるというように、どうしても近い関係になる可能性があります。入居者によってはそういうことを嫌がる人もいる反面で、メリットだと考えている人もいます。

    ■大家さんと入居者が同じ建物に住んでいる
    賃貸併用住宅は同じ建物に大家さんと入居者が居住するような住宅です。一般のアパートやマンションであれば、大家さんと入居者がなかなか顔を合わせるということは少ないのですが、賃貸併用住宅であれば壁を隔てたすぐ隣だったり、上下の階に大家さんが住んでいる可能性があります。

    これを見て入居者は大家さんが同じ建物に住んでいるから安心だという風に思う人がいる一方で、大家さんと同じ建物なのは嫌だなと言う風に思う可能性があるでしょう。前者であればセキュリティ面で安心する材料になりますし、後者であれば大家さんから入居者に対して注意を受けるという煩わしさがあるからです。

    ■運営管理については管理会社に委託するという考え方もある
    運営管理において大家さんがやるというのもいいことですが、そういうことが煩わしいという風に思うのであれば、信頼できる管理会社に委託することが可能です。具体的には入居者とのやり取りに当たる部分から、賃貸部分の巡回や定期掃除、修繕の手配に至るまで委託することができます。

    ■プライバシーの管理をしっかりとする必要がある
    賃貸併用住宅は同じ建物に大家さんと入居者が住んでいるというわけですので、しっかりとしたプライバシーの管理をする必要が出てくるでしょう。大家さんの運営管理は全て管理会社に委託することもできますので、無用なトラブルに至ることは少なくなります。