• 賃貸経営に対しての知識を柔軟に広げて頂く為のサイト
  • コチラのサイトで紹介している賃貸経営に関する新しい情報を知って頂ければ、あなたの賃貸経営の可能性が大きく広がるのではないかと考えております。
  • 賃貸経営として賃貸併用住宅を考える際、住宅ローンは申し込めるか?

    トップページ
    お気に入りに追加
      

    賃貸経営として賃貸併用住宅を考える際、住宅ローンは申し込めるか?

    賃貸併用住宅でローンを組む場合はアパートローンと住宅ローンの2つが考えられるわけですが、融資を受けることができる人のほとんどは住宅ローンを選択します。賃貸併用住宅の場合は自分もその物件に住みますので、住宅ローンが利用できるわけですが、自宅居住部分が賃貸部分よりも大きいことが条件になっていきます。

    ■住宅ローンを利用するメリット
    住宅ローンとアパートローンとで金利が安いのはどちらかと言うと、住宅ローンです。金利の負担が軽くなるというのは借りる側としてはうれしいことです。住宅ローンは最長35年のローンを組むことができますので、余裕ある返済計画を立てることが可能です。

    空室がほとんどないということであれば、返済するのに楽になりますので、繰り上げ返済をすることも考えられます。アパートローンの審査であれば、土地の担保評価や賃貸物件の収益性、賃貸経営を行う際の管理体制などが考慮に入れられるために、住宅ローンに比べると審査は厳しい傾向にあります。

    住宅ローンはアパートローンに比べると審査が早くて手続きも簡単にできることが多いです。

    ■住宅ローンを利用するデメリット
    住宅ローンが利用できるのであれば、それを利用したほうが有利になるわけですが、住宅ローンの審査にこれから発生するであろう家賃収入が返済財源としては認められずに、申込者の年収や勤続年数などが審査の対象になります。できるだけ自己資金や給与収入などがある方が有利になります。

    ■住宅ローンが借りられるならそれを利用したほうがいい
    賃貸併用住宅でローンを組むという場合にはアパートローンや条件次第で住宅ローンが使用することができます。金利が安いなどの条件がいいのは住宅ローンですので、そちらが利用できるなら利用したほうがいいでしょう。