• 賃貸経営に対しての知識を柔軟に広げて頂く為のサイト
  • コチラのサイトで紹介している賃貸経営に関する新しい情報を知って頂ければ、あなたの賃貸経営の可能性が大きく広がるのではないかと考えております。
  • 賃貸経営を考える際に、賃貸併用住宅は入居者に対して価値を提供する必要がある

    トップページ
    お気に入りに追加
      

    賃貸経営を考える際に、賃貸併用住宅は入居者に対して価値を提供する必要がある

    賃貸併用住宅が普通のマイホームと違う部分というのは、賃貸住宅として入居者に選ばれるように価値を出す必要があるということです。自分たちの趣味や思考だけで建築しても全然構わないわけですが、賃貸併用住宅では入居者に選ばれるようにいろいろと設計をしなければいけません。

    賃貸経営をやったことが無い人が大半でしょうから、賃貸経営に詳しい専門家のアドバイスを聞くことをおすすめします。

    ■賃貸併用住宅でもいいような付加価値を提供する
    賃貸併用住宅であれば大家さんと近いなどのデメリットがあるわけですが、そういう住宅であっても入居したいような付加価値を提供する必要があります。デザインマンションのようなおしゃれなデザインや、女性が一人暮らしをしていたとしても安心して暮らせるようなセキュリティを充実していたり、バスやトイレなどの水回りを充実させたり、単身者向けや女性向け、防音設備を完備などのターゲットが明確にしたりなどの付加価値をつけることが大切です。

    ■付加価値をつけることが入居するためのポイントになる
    付加価値というのは入居者がそこの賃貸を選んだポイントになることが多いです。セキュリティに関心があるのであれば、そういうものの最新設備を備えたところというのは選ばれる可能性が高いです。小さいことかもしれませんが、入居者にとっては重要なポイントになってきます。

    そういう付加価値こそが入居者を読んでくるわけです。

    ■入居者が選んでくれるような価値を与えることが重要
    賃貸併用住宅では自分たちの住まいのことを考えるだけでなく、賃貸住宅として入居者に選んでもらえるような価値を与える必要が出てきます。価値を与え続けることができれば空室リスクを抑えることにもつながってきます。