• 賃貸経営に対しての知識を柔軟に広げて頂く為のサイト
  • コチラのサイトで紹介している賃貸経営に関する新しい情報を知って頂ければ、あなたの賃貸経営の可能性が大きく広がるのではないかと考えております。
  • 賃貸経営として賃貸併用住宅を考える際、空室リスクをどう回避するか?

    トップページ
    お気に入りに追加
      

    賃貸経営として賃貸併用住宅を考える際、空室リスクをどう回避するか?

    賃貸併用住宅を建築した時に一番気になることと言えば、空室になる可能性があるということではないでしょうか。賃貸経営をしていかなければいけない中で、空室対策というのは何よりも重要なことではないでしょうか。家賃収入でローン返済を賄うためには何よりも賃貸部分が常に稼働する必要があります。

    せっかく入居が決まったとしても共有部の清掃やクレーム対応、価値提供ができなければ退去することになりますので、その点もしっかりしていく必要が出てくるでしょう。

    ■建てる前にニーズがあるかどうかを見極める
    空室リスクを回避するポイントとしては立地や間取り、賃料設定と言って部分が重要になってきますが、これらの部分というのは建てる前に決めるべきことではないでしょうか。賃貸のニーズが無いようなところに立てるとなると、なかなか家賃収入が入ってこなくて、かえって赤字ということもあり得るのです。

    賃貸併用住宅として建築をしたいという場合には、自分たちの暮らしやすさを考えるだけでなく、賃貸部分のことも考えなければ賃貸経営として失敗する可能性もあります。こういう住宅を建てるのであれば普通のマイホームよりも事前準備や調査というのが必要です。

    ■できた後の管理は管理会社に委託することも可能
    賃貸併用住宅ができた後というのは入居者募集や賃貸管理と言った部分が必要になってくるのですが、こういうことを自分たちでできないのであれば管理会社に委託することもできます。そういう会社をしっかり選ぶことが満足度を高めてくれます。

    ■建てる前にしっかりと対策をすることが大事
    賃貸併用住宅を建てる際に、事前準備や調査をしっかりやっていれば空室リスクは抑えられる可能性が高いです。建てた後は管理会社に委託することも可能です。