• 賃貸経営に対しての知識を柔軟に広げて頂く為のサイト
  • コチラのサイトで紹介している賃貸経営に関する新しい情報を知って頂ければ、あなたの賃貸経営の可能性が大きく広がるのではないかと考えております。
  • 賃貸経営

    トップページ
    お気に入りに追加
      

    賃貸経営を考える際に、最近注目されている賃貸併用住宅とは何か?

    賃貸経営がしたいという場合に最近注目されている方法として賃貸併用住宅があります。賃貸併用住宅というのは自分たちが住んでいる建物の一部に賃貸部分を作って、そこから得られる家賃収入を使ってローン返済をもくろむというわけです。住宅を購入する際には住宅ローンの借入をして、毎月長い月日を使ってローン返済をしていくのですが、返済をするためのお金として家賃収入を充てることによって負担が軽くなります。

    ここでは、家賃併用住宅とはどういうものかということについて解説していきます。

    ■家賃併用住宅のメリット
    家賃併用住宅のメリットの一つ目は何といっても家賃収入を支払いに充てることができるわけですから、月々の住宅ローンの返済を軽減することが可能です。軽減することができるのであれば、35年かけてローンの返済をするより早く完済をした方がいいですので、それを叶えることができれば、新たな収入源の確保にもつながります。

    メリットの二つ目は年金代わりとしての利用ができる点です。住宅ローンを定年退職までに完済することができれば、その後というのは働かなくても家賃収入があるわけですから、公的年金に加えて自分のために使えるお金が増えます。

    ■安定した入居者の確保が必要
    家賃併用住宅のメリットとして2点挙げましたが、賃貸経営をしっかりとしたいのであれば安定した入居者を確保しなければいけません。それが無ければメリットを享受することができなくなります。入居者の確保にはぜひとも力を入れてください。

    賃貸経営を考える際に、最近注目されている賃貸併用住宅とは何か?

    ■賃貸併用住宅はメリットが大きい賃貸経営の方法
    賃貸併用住宅はもしかするとサラリーマンでもやることが可能な賃貸経営の方法ではないでしょうか。そのメリットを享受するためには安定した入居者を捕まえる必要があるでしょう。

    アナウンス★賃貸経営 http://www.kenyonpowerboats.com/

    ◆賃貸経営を考える際に、賃貸併用住宅はどのような流れで検討すればいいか?
    賃貸併用住宅を購入するためにはいろいろと検討しなければいけません。まずは賃貸経営を行うのにふさわしい立地かどうかを見極める必要があります。その次にどういう建物にしようかというプランを立てます。最後に賃貸併用住宅にするための融資を受けるという流れになります。

    賃貸経営を考える際には以上の3つのことについて検討をしていく必要があるでしょう。

    ■賃貸併用住宅にするための立地を考える
    賃貸併用住宅が建築できそうな立地を考えていかなければいけません。集合住宅の建築が可能で、一定以上の面積が必要になります。賃貸経営にふさわしい立地というのは、やはり賃貸需要がある土地ということになります。賃貸需要というのは人気の鉄道沿線や街ということになります。

    自分が土地を買おうとするときに、賃貸のニーズがあるかどうかというのがポイントです。

    ■どういう建物にしようかというプランを立てる
    どういう建物を建てるのかというのはやはり土地に左右されます。土地がある場所や接道状況によって建築できる面積や高さが限られていきますので、賃貸の部屋がどれだけ取れそうなのかということを検討するべきです。大家さんが住む居住部分と賃貸部分の割合もしっかりと考えます。

    ■融資を受ける
    賃貸併用住宅ではアパートローンではなく、住宅ローンを利用する人が多いです。住宅ローンで全てを賄うということはできませんので、ある程度の自己資金が必要になってきます。いくら建築費用を抑えたとしてもそれなりにお金はかかります。

    ■しっかりと3つの点について検討していく
    賃貸経営の方法として賃貸併用住宅にするというのであれば、立地と建築プラン、融資の3点についてしっかりと検討をするべきです。特に、立地はニーズを見極めながら決めていきます。